MENU

マイナンバーカードは必要?ワクチン接種証明アプリについて解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

政府は、新型コロナウイルスワクチンを接種したことを公的に証明するために、ワクチン接種証明を発行しています。そして、これを電子的に発行するために、ワクチン接種証明アプリが開発されました。従来、対面で発行されていた「紙」の証明書では、人間がその場で本人確認を行ってきましたが、「電子」の証明では、オンライン上で正確に本人確認を行う必要があり、そこでマイナンバーカードが用いられています。この記事では、ワクチン接種証明アプリの基本から、このようなマイナンバーカードとの関係性について解説します。

こんな方におすすめ

  • ワクチン接種証明アプリについて知りたい方
  • 海外旅行に行こうとしている方

この記事でわかること

  • マイナンバーカードと接種証明アプリの関係
  • マイナンバーカードを持っていない場合の対処法
目次

ワクチン接種証明アプリとは?

接種証明アプリの基本

まず、ワクチン接種証明とは、新型コロナウイルスワクチンを接種したことを公的に証明するものです。そして、その証明をスマホで行うものが「ワクチン接種証明アプリ」となります。

接種証明アプリでは、氏名、生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)を表示できるほか、海外用では、氏名のローマ字表記やパスポートの国籍、旅券番号などを表示することができます。また、氏名、生年月日、接種記録等の情報を含む二次元コード(QRコード)を表示することもでき、これを読み取ることで簡単に情報を確認することができます。


また、国内用の場合、氏名と生年月日を非表示にすることもできるので、氏名等を見せずにワクチン接種の証明をすることも可能です。

デジタル庁|よくある質問:接種証明書の記載内容について

接種証明アプリの始め方


接種証明アプリを使うために必要なものは、スマホとマイナンバーカード(海外用はパスポートも)だけです。

まず、接種証明アプリをスマホにインストールします。次に、アプリの指示に従って「マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)」を入力し、マイナンバーカードを読み取ります。最後に接種時に住んでいた自治体を選択すると、ワクチン接種の記録が表示されます。海外用の場合には、これに加えてアプリでパスポートを読み込みます。

このようにマイナンバーカードを用いた本人確認をすることで、簡単に接種証明をすることができます。接種証明アプリは、以下のサイトからインストールできます。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ


接種証明アプリでできること


接種証明アプリでは、接種証明の発行・提示・読み取りを行うことができます。

発行とは、ワクチン接種の情報を自治体から取得することです。提示とは、取得した情報を接種証明としてスマホで提示することです。

読み取りとは、他の者が提示した接種証明(QRコード)をスマホで読み取り、接種証明の内容を確認することです。

このように、接種証明アプリでは、自分の接種証明をできるだけでなく、他者の接種情報を読み取ることができるため、ワクチン接種を条件に催しを開催する場合などには、主催者側も利用することができます。

デジタル庁|新型コロナワクチン接種証明書アプリ

どのようなときに証明が必要?

ワクチン接種証明をする場面として、現状では海外に行く場合が考えられます。海外用の接種証明アプリを利用することで、入国時の隔離期間の短縮又は免除や出発前PCR検査陰性証明の提出および到着時のPCR検査の免除などの緩和措置が考えられますが、これらの措置は各国が定めているため、別途確認が必要です。

また、全ての国・地域で接種証明アプリを利用できるという訳ではありません。利用可能な国・地域については、外務省が情報を提供しています。

外務省|海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(8月15日現在)

マイナンバーカードは必要?

ワクチン接種証明アプリを利用するためには、マイナンバーカードが必要です。

接種証明アプリに表示される内容は、氏名、生年月日、旅券番号だけでなく、医療情報である接種記録も含まれており、非常に機密性が高いものとなっています。そのため、本人確認も十分に行う必要があります。

十分な本人確認を行うために、マイナンバーカードを利用することとなっています。

デジタル庁|よくある質問:接種証明書アプリについて


なお、ワクチン接種証明書をコンビニで発行することもできますが、この場合にもマイナンバーカードが必要となります。

厚生労働省|新型コロナワクチン接種証明書をコンビニで取得できるようになりました

マイナンバーカードを持っていない場合には

マイナンバーカードを持っていない方は、自治体の窓口で接種証明書を発行することとなります。もし、マイナンバーカードを持っておらず、海外に行くまでに猶予がある方は、マイナンバーカードを取得することを考えて良いのではないでしょうか。

あわせて読みたい
QRコード付き交付申請書でマイナンバーカードを取得する方法 マイナンバーカードの更なる普及のため、マイナンバーカードをまだ取得していない人に対して、QRコード付きの交付申請書が順次送付されています。この記事ではQRコード...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる