マイナポイント申請の方法を徹底解説!

去年から話題になっている「マイナポイント」。これは国が推進している事業で、マイナンバーカードの所持者に最大5000円分のポイントが付与されるものです。この記事では、マイナポイントの概要や申請方法について解説していきます。

こんな人にオススメ
✓ マイナポイントを取得したいと考えている人

この記事でわかること
✓ 自宅でマイナポイントを申請する方法
✓ 自宅以外でマイナポイントを申請する方法

目次

マイナポイントって何?

政府はマイナンバーカードの普及と、キャッシュレス決済サービスの定着を推し進めています。

マイナポイント事業は、マイナンバーカードの所持者に対してキャッシュレス決済サービスで使えるポイントを付与するという内容です。

マイナポイントの付与額

マイナポイントはチャージ額もしくは買い物額の25%、5000円分までが付与されます。即ち、2万円までの利用に対してポイントが発生するということです。

日頃の買い物にも対応しています。マイナポイントを申請してからの総利用額が2万円に届くまで、毎回の利用に25%のポイントが還元されます。

Reference
マイナポイントとは?-マイナンバーカードでマイナポイント

対象のキャッシュレス決済サービスは?

マイナポイントはPayPay、LINE Pay、au PAY等の有名なQRコード決済サービスはもちろん、Suica等の交通系ICカード、nanaco、楽天Edy、WAON等の大手電子マネー銘柄、そしてクレジットカードやデビットカードにも対応しています。

詳細は以下のリンクをご参照ください。

Reference
対象となるサービス一覧-マイナンバーカードでマイナポイント

マイナポイントの利用にマイキーIDは必須!

マイナポイントを利用するには、「マイキーID」の申請が必要です。

マイキーIDとは、マイナンバーカードと連携して利用する識別番号(ID)のことで、スマホやPCを利用したオンライン申請のほか、コンビニや市区町村役場等に設置された専用端末を使って発行することも可能です。

マイキーIDの発行には必ずマイナンバーカードが必要になります。申請の際は手元にマイナンバーカードを用意しましょう。

マイキーIDの詳しい申請方法に関しては、以下の記事をご参照ください。

あわせて読みたい
マイナポイント取得に必須 マイキーIDの申請方法
マイナポイント取得に必須 マイキーIDの申請方法マイナンバーカードと共に、「マイキーID」が注目されています。現在、政府が実施している「マイナポイント事業」を利用するためには、マイキーIDが必要です。マイキーI...

自宅でマイナポイントを申請する方法

ここからマイナポイント申請の手順について解説していきます。

この申請は自宅のPC等で行う方法と、コンビニ等に設置された端末で行う方法の2種類があります。

スマホ・PCで申請する場合

マイナポイントはAndroid、iOS搭載のスマホ、そしてPCで申請することができます。

スマホの場合は、マイナンバーカードのICチップの読み取りに対応した機種である必要があります。このオンライン申請に対応する機種の一覧は、以下のサイトで公開されています。

PCの場合も、ICチップを認識させるためのカードリーダーが必要です。家電量販店ではマイナンバーカードの読み込みに適合する外付けカードリーダーが販売されています。

Reference
よく分かる!マイナポイント取得ナビ-マイナンバーカードでマイナポイント

支援端末で申請する方法

スマホやPCを使った申請はあるアプリのインストールなどある程度ITの知識が求められます。そこで、簡単な操作でマイナポイントの申請ができる「マイナポイント手続スポット」が用意されています。

市区町村窓口やコンビニで申請可能!

「マイナポイント手続スポット」はマイナポイントを申請するための支援端末が用意された場所で、全国の市区町村窓口や郵便局、大手通信会社の店舗、コンビニATM、さらにはビックカメラやヤマダ電機等の店舗にあります。

身近なお店に端末があるため、申請時に便利です。

マイナポイントの申請はATM1台で完結

マイキーIDとキャッシュレス決済サービスのアカウントがあれば、支援端末から短時間で申請できます。

セブン銀行ATMを利用した場合、前段階としてのマイキーID申請も実施することが可能です。

また、市区町村役場内の支援端末を使えば、マイナンバーカード入手直後にマイキーIDの発行、マイナポイントの申請を済ませることができます。

Reference
よく分かる!マイナポイント取得ナビ-マイナンバーカードでマイナポイント

誰でも簡単に申請できるように!

「マイナポイント申請は難しい」という声もありますが、支援端末が市町村窓口や郵便局に設置されたことにより、離島部や山間部に住んでいる人も申請がしやすくなりました。

なお、2021年4月末までにマイナンバーカードを申請した方は、同年9月末までマイナポイントの申請が可能となっているので、早めのカード作成がおすすめです。

Reference
おしらせ-マイナンバーカードでマイナポイント

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる